メインイメージ

依頼したときとラフ

2016-03-09

ホームページ制作を依頼したときとラフ

ホームページ制作には様々な選択肢がありますが、上手に活用することでよい結果につながるといわれています。実際に利用している人の意見を参考にするばかりではなく、発注する場合やプロに相談するときには事前にラフといわれているものを提供しているところが多いのです。

ラフとは、どんな形で発注するべきなのか、依頼したものがどのような形となるのかをはっきりした形で利用することが出来るようにしているといわれています。様々なポイントを踏まえて利用することこそ重要です。

発注元としてラフを見ながら打ち合わせすることで、はっきり出にくかったものを実感するといわれています。ホームページ制作は本人の意向ばかりではなく、業者で出来る技術と難しい技術とが混在しているものです。そのため、その業者がどんな分野を得意としているのか、どんなラフを提出してきたのかについて具体的に理解しておくことで、よい結果につながるのです。

ホームページで何をしたいのか、ネットショップを作るのかどうかばかりではなく、更にネットショップを作るのならばどんな商品を販売する予定か、ここまである程度打ち合わせで伝えておかなければなりません。

実際に利用している人の勧めるサイトなども多数存在しているので、ホームページ制作を発注するときには確認するべきです。なぜラフを作る事がホームページ制作に必要なのかというと、基本的にHTMLやCSSなどのコードを説明しても、クライアントには全くわかりません。どんな機能がついていて、商売にどんな形で役立つのか、日記をどれくらいかけるのかなどのメリットを紹介してもらって、素人に初めてわかる形なのです。

だからこそ、ホームページ制作業者が提出してくれるラフを参考にして具体的なイメージを形にすべく打ち合わせを重ねるといいます。その結果、きちんとした理想どおりのホームページを完成させることにつながるでしょう。打ち合わせがしやすい形で登場していることがはっきりわかるのです。具体的にどんな機能をつけてほしいのか、カラーはどんなものがいいのか、更にイラストを使うべきかどうか、機能美に富んだものにするのか、あるいはイラストをたくさん使ってかわいらしいイメージで完成させるかなど、多数の形でイメージがわくといわれています。

事前にある程度の流れを打ち合わせていても、どうしてもここで詳細を微調整ばかりではなく、思い切った刷新を行うことでよりよい結果につながるといわれているのです。また、料金について様々なポイントを踏まえて多くの人にサービスを提供できるホームページを完成させられます。”

最近の投稿

バナー